設備紹介

ファイバーレーザ複合マシン(棚仕様)

LC-2512C1AJ +ASR2512NTK

パンチングとレーザ、2つの機能を持ったマシンです。 金属板を切断したり穴をあけたりするだけでなく、バーリングやタッピングなどの加工も行うことができます。 棚仕様になっていますので、材料の自動搬入、排出や加工品の自動排出も行うことが出来ます。

NCブレーキプレス

HDS1303NT 130t

プレスブレーキともいい、上下2カ所の金型で金属の板(板金)を折り曲げるマシンです。

レーザ加工機

FO-MⅡ 3015NT

レーザ光線で金属板に「穴あけ」「切断」加工を行うマシンです。

バリ取り機

AuDeBu-600

バリ取りを自動で行うマシンです。

NCタッピングマシン

CTS-900NT

タップ作業を自動で行うマシンです。

マシニングセンター

TV-400

コンピューター制御により、工具を自動交換しながら金属の切削や研削など複合的な精密加工ができる工作機械です。

PSA式窒素発生装置

PSA504HT

純度99.999%の窒素を発生する装置です。