対応素材一覧

鉄は強度があり加工しやすく、大量に生産でき安価であることから、構造支持材や接合材に使うことが多いです。サビやすいですが、メッキ・塗装等によって、その性質を調整することができます。

加工実績例

ステンレス

ステンレスは鉄をベースにして、その中にクロム、あるいはクロムとニッケルを含有させた合金剛です。約11%以上のクロムを添加すると、耐食性が向上しサビにくくなります。

加工実績例

アルミ

アルミニウム合金は純度の高いアルミニウムに元素(Mg、Mn、Cu、Si、Zn)を添加し、耐食性を低下させることなく、強度・その他を改善した金属です。

加工実績例

記事がありません。

銅は最古の金属材と言われています。銅そのものは赤色ですが、銅合金は他の添加元素の種類と量によって千差万別の色となります。銅合金は大気中で自然に酸化被膜を生じさせ耐食性が良くなり、最終的には緑青となります。

加工実績例

記事がありません。

真鍮

銅合金の一種です。銅と亜鉛との合金です。黄色でさびにくく、鋳造・加工が容易なので、機械器具・日用品・工芸品などに広く用いられます。黄銅とも表現されます。

加工実績例

記事がありません。